• #ホエイプロテイン

3種類のホエイプロテインの違いと選び方!効果的な飲み方やソイとの違いやおすすめも解説。タンパク質含有量も重要【WPC・WPI・WPH】

3種類のホエイプロテインの違いと選び方!効果的な飲み方やソイとの違いやおすすめも解説。タンパク質含有量も重要【WPC・WPI・WPH】

監修者:日本プロテイン協会理事/プロテインマイスター 坂本雅俊

プロテインを始めとするスポーツニュートリション商品製造販売会社アルプロン代表取締役社長。2001年の創業以来、人々の健康と活力にあふれた毎日をサポート。2030年頃に起こるとされる世界的課題『タンパク質危機』に挑む。著作「“出世”したければ週2回筋トレすればいい」詳しいプロフィールはこちら⇒ https://alpron.co.jp/about/#message

 

この記事では、ホエイプロテインの種類を知りたい人に向けて、サプリメントインストラクターがホエイプロテインの種類や選び方、飲み方やおすすめの商品などを解説します。

 

購入を検討している方は、ぜひ最後まで読んで、最適なホエイプロテインを選んでください。

目次

ホエイプロテインとは?基本的な成分と効果について

ホエイプロテインは、牛乳に含まれるタンパク質です。牛乳に含まれるタンパク質のうち、20%がホエイ、80%がカゼインといわれています。

 

ホエイとは日本語で乳清といい、牛乳から脂肪と固形のタンパク質を除去後に残る液体

のことです。一方で固形のタンパク質をカゼインといいます。

 

そしてプロテインとは、日本語でタンパク質のことをいいます。ホエイプロテインとは、牛乳に含まれるタンパク質のホエイを抽出し、サプリメントにしたものです。

 

ほかにも、先述したカゼインを使ったカゼインプロテイン、大豆から抽出したソイプロテインなどがあります。これらの中で、もっとも流通しているのがホエイプロテインです。

 

プロテインの種類 特徴

ホエイプロテイン

・吸収が速い

・筋肥大におすすめ

カゼイン

・吸収がゆっくり

・寝る前の摂取がおすすめ

ソイ

・吸収がゆっくり

・ダイエットにおすすめ

 

中でもホエイプロテインは、筋肥大に重要なアミノ酸である「ロイシン」が他のプロテインより豊富に含まれています。そのため、筋肥大が目的のトレーニーやスポーツ選手に特におすすめです。

 

ホエイプロテインの種類(タンパク質含有量、価格、吸収速度等で選ぼう)

ホエイプロテインの種類は下記の3つです。

  • ・ホエイプロテインコンセントレート(WPC)

  • ・ホエイプロテインアイソレート(WPI)

  • ・加水分解ホエイプロテイン(WPH)

 

比較すると下記の表のようになります。

 

プロテインの種類 メリット デメリット

ホエイプロテイン

コンセントレート(WPC)

・値段が安い

・糖質が含まれるため、甘みがある

・タンパク質含有量が低い

・カロリーが多め

ホエイプロテイン

アイソレート(WPI)

・糖質と脂質がカットされていて、低カロリー

・タンパク質含有率が高い85〜95%

・価格が高め

(タンパク質1グラムあたりの値段だとあまり変わらない)

加水分解

ホエイプロテイン(WPH)

・吸収速度が速い

・価格が高い

引用:https://clinic.zenplace.co.jp/3052/

それぞれ特徴があるので、自分の目的に合ったものを選びましょう。

ホエイプロテインコンセントレート(WPC)

もっとも流通しているホエイプロテインと呼ばれるものが、ホエイプロテインコンセントレート(WPC)です。WPCはホエイプロテイン以外にも糖質や脂質も多少含みます。

 

プロテインは粉末で販売されていることが一般的ですが、タンパク質含有率は65〜85%です。つまり、粉末のうち65〜85%がタンパク質ということになります。

 

3種類の中ではもっとも安価なので購入しやすく、糖質がカットされていないことで甘みがあって飲みやすいのが特徴です。プロテインをはじめて飲む人や体重を増やしたい人におすすめです。

 

ホエイプロテインアイソレート(WPI)

糖質や脂質をカットしたホエイプロテインがホエイプロテインアイソレート(WPI)です。糖質や脂質がカットされているため低カロリーかつ、タンパク質含有率が85〜95%と高いのが特徴です。

 

粉末1グラムあたりの値段はWPCより高価な商品が多いものの、タンパク質1グラムあたりの値段ではあまり変わりません。ダイエット目的の方、糖質制限ダイエットをしている方、WPCより脂肪を増やさずに筋肉量を増やしたい方におすすめです。

 

加水分解ホエイプロテイン(WPH)

加水分解ホエイプロテイン(Whey Protein Hydrolysate=WPH)は、酵素を使ってWPCをペプチドに分離したものです。

 

タンパク質はアミノ酸が結合してできています。そして、アミノ酸が50個以上結合したものがタンパク質、2〜50個程度結合したものをペプチドといいます。

 

タンパク質は小腸でペプチドやアミノ酸に分解されて体内に吸収されますが、ペプチドは分解せずに吸収できるため、吸収速度が速いことが特徴です。

 

また、タンパク質含有率が約80〜90%とWPIと同じくらい高いのも特徴です。一方で、価格は高価になります。

 

ホエイプロテインの製品の選び方

ホエイプロテインの製品の選び方は、下記の表をご覧ください。

ホエイプロテインの種類 おすすめできる人

ホエイプロテイン

コンセントレート(WPC)

・プロテイン初心者

・味を重視したい人

・人工甘味料を最少限にしたい人

・量を多く摂りたい人

・体重を増やしたい人

ホエイプロテイン

アイソレート(WPI)

・脂肪を減らしながら、筋肉量を増やしたい人

・ダイエット目的の人(特に糖質制限ダイエットをしている人)

・人工甘味料が気にならない人

加水分解

ホエイプロテイン(WPH)

・トレーニング前〜トレーニング後にかけて吸収速度を求めたい人

・消化に優しいホエイプロテインを飲みたい人

  

ホエイプロテインと女性の身体に及ぼす影響とデメリット

ホエイプロテインは性別を問わずおすすめです。牛乳に含まれている成分を抽出しているだけなので、デメリットと言えるようなものはあまりありません。

 

しかし、牛乳が苦手な人がホエイプロテインを飲むと、お腹が下ったりお腹が張っておならをしたくなったりする場合があります。これはホエイよりも、牛乳に含まれる糖質の「乳糖」の消化が苦手な体質であることが考えられます。この場合、糖質をカットしたWPIがおすすめです。

また、タンパク質を消化する消化酵素を「ペプシン」といいますが、このペプシンもアミノ酸で出来ています。そのため、あまりタンパク質を摂取してこなかった人は、ペプシンが不足しており、タンパク質の消化が苦手な場合があります。

 

この場合は、最初は胃などがムカムカしてあまりホエイプロテインを飲めなくても、少ない量から始めることで飲めるようになっていくでしょう。

 

女性におすすめのホエイプロテイン製品(タンパク質含有量含む)

どのホエイプロテインも女性におすすめできますが、特にダイエットをしたい女性には低カロリーのWPIがおすすめです。

 

「ALPRON WPI プロテイン」は、1食分30グラムあたり約27グラムもタンパク質が含まれています。一方で炭水化物は1グラム、脂質は0.4グラムとギリギリまでカットしカロリーを抑えているため、ダイエットにおすすめです。

 

保存料、増粘剤不使用なのも、嬉しいポイントです。少ない水でも溶けやすく、チョコレートかストロベリー風味で美味しく飲んでいただけます。ぜひ一度お試しください。

 

ALPRON WPI プロテイン

 

ホエイプロテインとソイプロテインはどちらを選ぶべき?違いは?

ホエイプロテインとよく比較対象になるのが、ソイプロテインです。ソイプロテインは、筋肥大に重要なアミノ酸である「ロイシン」がホエイプロテインほど含まれていません。そのため、筋肥大が目的のトレーニーやアスリートにはあまり向きません。

 

一方で、ソイプロテインのメリットとして、下記の2つが上げられます。

  • ・消化吸収がゆっくりで満腹感が長く続く

  • ・大豆のイソフラボンが、皮膚や骨の強化を助ける

 

どういった人におすすめなのかは、下記の表をご覧ください。

 

プロテインの種類 おすすめできる人

ホエイプロテイン

・筋肥大したい人

・筋肉を増やして代謝を上げつつ痩せたい人

ソイプロテイン

・皮膚や骨もサポートしたい人

・満腹感により食事制限に役立てたい人

・ホエイプロテインでお腹が張る人

    

ダイエットに効果的なホエイプロテインの摂取量とタイミング

ダイエットが目的の場合も、筋肉量を増やした方が痩せやすくなり、身体が引き締まります。そのため、体重1kgあたり1日1.3グラム〜2グラムのタンパク質摂取が推奨です。体重60kgなら78グラム〜120グラムが目標になります。

 

今回は体重60kgの40代女性がダイエットしたいと仮定します。1日あたりの目標タンパク質摂取量は60×1.5グラム=90グラムです。(1.5グラムと仮定)

 

厚生労働省が発表している「令和元年 国民健康・栄養調査結果の概要」によると、40代女性は平均で1日あたり65.9グラムのタンパク質を摂取しています。目標タンパク質摂取量90グラムー65.9グラム=24.1グラムです。つまり24.1グラムが不足しているので、この分をプロテインで補います。

 

「ALPRON WPI プロテイン」には、1食分30グラムあたり約27グラムのタンパク質が含まれているため、普段の食事に1食分を追加するだけで、目標タンパク質摂取量を満たすことができます。

 

低カロリーで効率よくタンパク質を摂取できるため、ダイエット目的の方はぜひ一度お試しください。

 

ALPRON WPI プロテイン

 

ホエイプロテインのデメリットとは?太る?注意すべき点を解説

ホエイプロテインには、タンパク質・糖質・脂質が含まれているため、多少カロリーがあります。そのため、食事も運動量を増やさずにホエイプロテインだけ摂取する場合は、摂取カロリーが増えるため、脂肪が増える可能性があります。

 

しかし、そう単純ではありません。タンパク質を増やすことで筋肉量が増え、代謝が増えて脂肪が減る可能性もあります。そのため、運動せずにプロテインを飲む=太るとはいえないのです。

 

そして、タンパク質は身体にとって必要不可欠な栄養素です。不足しているタンパク質をホエイプロテインで補えれば、より健康的な栄養摂取が実現します。

 

また、身体作りにも健康にも、基本となるのは普段の食事と運動です。3食全てバランスの取れた食事を摂ること、適度に運動すること。この2つを行いながら、1日1〜2食分のホエイプロテインを追加しましょう。

 

ホエイプロテインを活用して理想の身体を作ろう

ホエイプロテインは、筋肥大に重要なアミノ酸である「ロイシン」を豊富に含みます。そのため、筋肥大したい方に、特におすすめです。

 

また、ダイエット目的なら糖質と脂質をカットしたWPIがおすすめです。消化への負担を減らしたり吸収速度を速めたりしたい人は、WPHを試してみてください。

 

ダイエット目的でも、筋肉をつけて代謝を上げることがとても重要です。ホエイプロテインを飲むと太る、という考えを持つ人もいますが、運動とバランスのとれた食事を行った上で摂取すれば、理想の身体に近づきます。

 

ホエイプロテインのおすすめ商品

最後に下記4つの商品をご紹介します。

 

  • ・【WEB限定】ALPRON WPC プロテイン

  • ・ALPRON WPI プロテイン

  • ・ALPRON THE BUILD WPI ホエイ プロテイン 横川尚隆監修

  • ・ALPRON ミルクプロテイン

 

【WEB限定】ALPRON WPC プロテイン(タンパク質含有量含む)

最初に紹介するのは「【WEB限定】ALPRON WPC プロテイン」です。1食分30グラムあたり、22グラムのタンパク質が含まれています。さらに、生きた乳酸菌が3億7800万個、ビタミンが10種も配合されています。

 

豊富なタンパク質で筋トレをサポートしてくれる上に、乳酸菌やビタミンで健康もサポートしてくれるのです。

 

また、味もチョコやココアミルク、チーズケーキやミックスベリーなど豊富です。「コスパが良く美味しい」という評判も得ています。

 

ホエイプロテインの購入を検討している方は、ぜひ一度お試しください。


【WEB限定】ALPRON WPC プロテイン

ALPRON WPI プロテイン(タンパク質含有量含む)

「ALPRON WPI プロテイン」は、1食分30グラムあたり約27グラムもタンパク質が含まれています。一方で炭水化物は1グラム、脂質は0.4グラムとギリギリまでカットしカロリーを抑えています。

 

保存料、増粘剤不使用なのも、嬉しいポイントです。少ない水でも溶けやすく、チョコレートかストロベリー風味で美味しくいただけます。

 

脂肪を減らしながら筋肉量を増やしたい方、ダイエット中の方は、ぜひ一度お試しください。

 

ALPRON WPI プロテイン

 

ALPRON THE BUILD WPI ホエイ プロテイン 横川尚隆監修

「ALPRON THE BUILD WPI ホエイ プロテイン 横川尚隆監修」は、2019年に日本ボディビル選手権を制した日本一のボディビルダー、横川選手が監修したホエイプロテインです。

 

高タンパク質・低糖質でビタミンが豊富に含まれていることと、トレーニングに美味しく飲める甘いフレーバーが特徴のWPIです。フレーバーは下記3種類があります。

 

  • ・ロイヤルミルクティー

  • ・リッチチョコレート

  • ・ストロベリー&ミルク

 

美味しいWPIを飲みたい方は、ぜひ一度お試しください。

 

ALPRON THE BUILD WPI ホエイ プロテイン 横川尚隆監修

 

ALPRON ミルクプロテイン

「ALPRON ミルクプロテイン」は、紙パックのプロテインです。粉末と違い、シェイカーを用意する、粉と水を入れてシェイクする、飲み終わったらシェイカーを洗う、といった手間がかかりません。

 

持ち運びが簡単で、手軽にタンパク質を摂取できます。職場の冷蔵庫に入れておいて、お昼のタンパク質摂取にもおすすめです。

 

また、カゼインも含まれているため、長時間に渡ってゆっくりタンパク質を吸収してくれるのも特徴です。

 

ALPRON ミルクプロテイン

BAZOOKA WPH

ホエイたんぱく質を独自の技術により低分子350Daまで分解、ジペプチド・トリペプチドが主原料の約65%を占めるWPHであり。極めて分解度の高い製品。

 

たんぱく摂取効率の高いトレーニング後半~直後の飲みやすさを追及したホエイペプチドです。たんぱく原料として、吸収の良い「ホエイペプチド」を100%使用しています。

 

さらに【甘味料・グラスフェッド】にも徹底的にこだわりました。最速で理想のカラダづくりを目指すあなたに、自信を持っておすすめします!

 

商品リンクはこちら

 

参考文献

international journal of livestock research 8(5),31-49

 

厚生労働省.“令和元年 国民健康・栄養調査結果の概要”. 厚生労働省. https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000687163.pdf , (参照 2023-5-11).

ブログへ戻る