• #プロテイン

完全栄養食だけで生活、食事、食生活は可能?完全栄養食の最高の活かし方

完全栄養食だけで生活、食事、食生活は可能?完全栄養食の最高の活かし方

監修者:日本プロテイン協会理事/プロテインマイスター 坂本雅俊

プロテインを始めとするスポーツニュートリション商品製造販売会社アルプロン代表取締役社長。2001年の創業以来、人々の健康と活力にあふれた毎日をサポート。2030年頃に起こるとされる世界的課題『タンパク質危機』に挑む。著作「“出世”したければ週2回筋トレすればいい」詳しいプロフィールはこちら⇒ https://alpron.co.jp/about/#message

 

完全栄養食は人間が一日に摂るべき全ての栄養素とカロリーの3分の1が含まれている栄養補助食品です。このことから、完全栄養食のみを食べれば理想的なカロリー摂取ができ、健康的な体が手に入れられると思っていませんか?今回は完全栄養食の最高の活かし方をわかりやすく解説します。

目次

3食すべて完全栄養食だけの生活は可能?

完全栄養食は、食品の1食としてカロリーも栄養面でもバランスが取れるように商品が作られています。では、毎食摂り続けると、どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか?また、栄養とカロリーのバランスが良く、食事の代用になるとされる完全栄養食を3食全て食べた場合のそれぞれのメリット・デメリットを説明します。

 

完全栄養食だけの食生活のメリット

この項目では完全栄養食だけの生活になった場合のメリットを具体例を出しつつ、わかりやすく解説いたします。

 

栄養バランスの管理がしやすい

完全栄養食のメリットの一つは、栄養バランスを簡単に管理できることです。完全栄養食は、必要な栄養素が適切な割合で含まれるように作られているため、食事ごとの栄養バランスを気にする必要がありません。

 

タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を適切なバランスで摂取することは、健康をサポートするために不可欠です。

 

具体的には、タンパク質は筋肉や細胞の修復に関与し、脂質や炭水化物はエネルギー源になります。ビタミンやミネラルは様々な内臓や免疫など、体の機能の維持に必要で、これらの栄養素をバランスよく摂ることが健康につながるのです。

 

また、特定の栄養素が不足しがちなため生じる体の不調も、完全栄養食を食べ続けることで防ぐことができます。通常の食生活で起こりやすい、野菜不足やたんぱく質不足などは起きにくいと言えるでしょう。

 

食事に必要な手間や時間の削減

完全栄養食は手軽で簡単に摂取できるため、食事の用意や調理にかかる手間や時間を大幅に減らすことができます。

 

完全栄養食は、溶かして飲むだけで、1食分のカロリーや栄養素をもれなく摂取できるのが大きな強みです。朝食やランチ、急な出張時などでの食事の代替としても手軽に利用できます。そのため、外食やファーストフードに頼ることなく、栄養バランスを簡単かつ確実にとれることが大きな魅力です。

 

また、食事が不規則な場合でも、完全栄養食を摂ることで栄養不足を防ぎ、健康を維持できます。

 

完全栄養食だけの食生活のデメリット

1食の食事としては完璧な完全栄養食ですが、それだけを続けるとどのようなデメリットが生じるのでしょうか?完全栄養食を続けた場合のデメリットを解説します。

 

咀嚼回数の減少

完全栄養食だけの食生活では、咀嚼の機会が著しく減少します。

 

通常の食事では、様々な食材を噛むことで口周りの筋肉を使い、顎の運動が促進されます。しかし、ドリンクタイプなどの完全栄養食では咀嚼が少なくなり、口周りの筋力が低下しやすくなります。

 

その結果、顎関節症のリスクが高まります。顎関節症とは、顎の関節や周囲の筋肉に痛みや不快感を引き起こす状態で、口を開け閉めするときに音がする、痛みが生じるなどの症状があります。

 

完全栄養食では粉状や食べやすい商品が多く1食食べれば栄養素が取れるため、様々な硬さの食品を当時に食べることができません。そのため、口腔の筋肉への刺激が不足し、顎の運動が制限されてしまいます。これが続くと、口腔周りの筋肉が衰え、顎関節症のリスクが高まってしまうのです。

 

食事の楽しみの減少

食事は単なる栄養摂取だけでなく、味わいや楽しみを与える役割も担っています。

 

しかし、完全栄養食だけではメニューの変化による楽しみが不足します。異なる食材や料理を楽しむことがなくなると、食事が単調に感じられてしまい、食欲や食事へのモチベーションが低下します。

 

また、食事は感情とも深く結びついています。好みの料理や特別な食べ物を楽しむことは、ストレスの解消や幸福感の向上にもつながります。完全栄養食を毎日摂取し続けると、食事が単なる義務となってしまう可能性があり、ストレスがあがるかもしれません。

 

栄養は足りてもカロリー不足になる可能性

完全栄養食には必要な栄養素が含まれていますが、カロリーが不足する可能性があります。

 

特に、エネルギーを必要とする活動が多い場合や、個々の身体の状態によっては、カロリー摂取量が不十分になる可能性があります。また販売している商品によっては、普段の食事で摂取が多くなりがちな脂質、糖質といった栄養素を、少なめにしている商品もあります。

 

これが長期的に続くと、体力面や精神面での気力不足の原因になり、健康に悪影響を与える可能性があります。カロリー摂取量のバランスも考慮することが重要です。

 

完全栄養食の食生活でダイエットはできる?

ダイエットには摂取カロリーよりも高い基礎代謝量が必要なため、完全栄養食だけでダイエットすることは難しいです。単にカロリーを減らすと、体は節約モードに入り、基礎代謝が低下してしまいます。その結果、脂肪の燃焼力も下がり、逆に瘦せにくい体内環境になってしまいます。

 

運動することで基礎代謝が上がり、筋肉が増えることで脂肪の燃焼が促進されます。そのため、完全栄養食と運動の組み合わせが、効果的かつ持続可能なダイエットを実現します。単なる食事制限だけでなく、運動とのバランスが重要です。これによって、リバウンドのリスクが低減し、健康的な体重管理が可能になります。

 

摂取カロリーを適切にコントロールしつつ、運動を組み合わせることで、健康的で持続可能な体重減少につながります。

 

完全栄養食を活用したおすすめの食生活

完全栄養食のみを継続して食べ続けることは、メリットよりもデメリットが大きいことが分かりました。しかし、活用方法を工夫することで、デメリットを減らすことはできます。今回はそんな完全栄養食を活用したおすすめの食生活を紹介します。

 

朝食だけなど一部を完全栄養食に置き換える

まず紹介したいのは、一日の食事のうち1食を完全栄養食に置き換える方法です。完全栄養食を毎食食べることで発生するカロリー不足の問題を手軽に解消し、ビタミンやミネラル、たんぱく質など、体に必要な栄養素がきっちり補給ができます。

 

この置き換え方法におすすめの時間帯は、朝食です。朝はエネルギーを補給し、代謝を活性化させるために重要な時間帯です。完全栄養食で、簡単かつ迅速に栄養を摂取できるため、忙しい朝でも手軽に取り入れることができます。

 

加えて、他の食事は普段通りなので、完全栄養食を食べ続けることで味が飽きるといった食事に対するマイナスな影響を解消できます。完全栄養食を混ぜることで食事の食感や風味が悪くなることに抵抗がある人でも取り入れやすい方法です。

 

普段の食事に混ぜて栄養バランスを向上させる

普段の食事の栄養バランスが不安という方には、日頃食べている食事に完全栄養食を混ぜる方法がおすすめです。

 

毎日栄養バランスが整った食事を、一から食材からつくるのはとても大変です。しかし、作った食事に一定量混ぜるだけなら継続しやすいはずです。また、プレーン味のものを使用することで料理の風味を損なうことなく、食事の栄養バランスを底上げしてくれます。

 

また、美味しい味の完全栄養食を選べば、その味を活かしつつ、デザートなどとして食事に付け加えるだけで手軽に取り入れられます。

 

美味しい味を選ぶことは、食事の満足感を高めます。特にデザートやスムージーとして活用することで、食べる楽しみを保ちながら栄養素を補給ができます。

 

しかも、自分の好みに合わせて味を選べるので、食事の単調さを感じずにダイエットや健康管理がしやすいメリットもあります。

 

食事に活用しやすい完全栄養食ならIZMO 完全栄養の素

多くの完全栄養食の商品がある中で、特におすすめしたいのがIZMO完全栄養食の素です。

今回はその商品の魅力と特徴に関して紹介いたします。

 

IZMO 完全栄養の素とは

IZMO 完全栄養の素は、管理栄養士の監修の下でアルプロンが作り上げた栄養満点の完全栄養食です。1食には、13種のビタミン、9種のミネラル、そしてたっぷりのタンパク質21gが凝縮されています。

 

さらに、生きた乳酸菌やコラーゲン、食物繊維もプラス。栄養バランスはもちろん、内臓機能まで考えられた完璧な食事になります。

 

この製品は、朝食や夕食の代替だけでなく、料理に溶かしても美味しく楽しめます。毎日のごはんの栄養バランスが気になる人にもピッタリ。

 

1食分はたったの40gで、水や牛乳に混ぜたり、ヨーグルトやデザートにかけたり、アレンジ自在です。素材にこだわり、取り入れやすく、腸の健康も考えた、アルプロンおすすめの逸品です。

 

そのまま飲んでも美味しい

IZMO完全栄養食の特徴は、そのまま飲んでも美味しいことです。そのため、様々なライフスタイルを持つ人が、手軽に栄養を摂りたいときに最適です。

 

例えば、朝の忙しい時間や外出先でのランチ、夜遅く帰宅した日など、忙しい日常においても手軽に飲むことができ、満足感を得られます。そのまま飲んでも美味しさを損なわず、まるで自分に贅沢なご褒美を与えているような気分になります。

 

また、味にこだわり、飽きずに楽しめるフレーバーが豊富に揃っています。フルーティーなベリーや滑らかなバニラ、ココアの風味など、個々の好みに合わせて選ぶことができます。そのままでも楽しめる美味しさは、健康的な生活を送りながら、美味しさも譲れない方にぴったりな、IZMO完全栄養食の魅力です。

 

料理やお菓子に混ぜて摂ることもできる

料理やお菓子などに混ぜる場合、ネックになるのが完全栄養食の溶けやすさです。IZMO完全栄養食は使いやすさを追求し、少ない水分でも溶けやすい特徴を有します。

 

そのため、例えばシェイクやスムージーとしてだけでなく、料理やお菓子の材料としても活用が可能です。そのままの美味しさを損なうことなく、食事やスイーツに取り入れることで、栄養豊富な一品を手軽に楽しめます。

 

また、様々なレシピにアレンジ可能なので、自分好みの味わいや食感を追求できるでしょう。IZMO完全栄養食は、食事の幅を広げながらも健康をサポートする頼れる存在です。

 

完全栄養食を正しく味方につけて元気な体を手に入れよう

完全栄養食は一日3食のうち、1食で1/3のカロリーや栄養素が簡単に摂れる万能食品です。しかし、実際は日常生活で摂取が多めになりやすい脂質などを減らしカロリーを抑えている商品もあります。

 

完全栄養食は良いと言われているものの、全ての食事を完全栄養食に置き換え続けることは健康上のリスクがかえって上がる可能性があります。

 

そのため、毎食ではなく1食置き換えることや、日常食べるデザートや食品に混ぜて取り入れましょう。

 

ブログへ戻る