• #おすすめ

【目的別】おすすめのプロテイン14種類!人気ランキングも紹介【ホエイプロテイン・カゼインプロテイン・ソイプロテイン・WPC・WPI・ジュニアプロテイン・ミルクプロテイン・ウェイトゲイナー】

【目的別】おすすめのプロテイン14種類!人気ランキングも紹介【ホエイプロテイン・カゼインプロテイン・ソイプロテイン・WPC・WPI・ジュニアプロテイン・ミルクプロテイン・ウェイトゲイナー】

監修者:日本プロテイン協会理事/プロテインマイスター 坂本雅俊

プロテインを始めとするスポーツニュートリション商品製造販売会社アルプロン代表取締役社長。2001年の創業以来、人々の健康と活力にあふれた毎日をサポート。2030年頃に起こるとされる世界的課題『タンパク質危機』に挑む。著作「“出世”したければ週2回筋トレすればいい」詳しいプロフィールはこちら⇒ https://alpron.co.jp/about/#message

プロテインには多くの種類があるため、選ぶのも難しいですよね。そこでこの記事では、サプリメントインストラクターが、目的別におすすめのプロテイン14種類を紹介します。 

プロテインの種類や飲む量・タイミング、選び方まで解説しているので、ぜひご一読ください。最適なプロテインが見つかります。

目次

プロテインとは?どんな種類・メリットがある?

プロテインを直訳すると「タンパク質」です。一般的にプロテインという言葉は「タンパク質を豊富に含んだサプリメント」という意味で使われています。

プロテインの種類

プロテインには、一般的に下記のような種類があります。

ホエイプロテイン

WPC(ホエイプロテイン・コンセントレート)

もっとも流通しているプロテイン。牛乳に含まれるタンパク質の「ホエイ」を抽出したプロテインで、筋肉合成に向く。

WPI(ホエイプロテイン・アイソレート)

糖質・脂質をぎりぎりまでカットしたホエイプロテイン。タンパク質含有率90〜95%と高い。*1

WPH(加水分解ホエイプロテイン)

ホエイを「ホエイペプチド」まで分解したプロテイン。吸収されるスピードが早く、消化に負担がかからない。タンパク質含有率も高い。

カゼインプロテイン

牛乳に含まれるタンパク質の「カゼイン」を抽出したプロテイン。ホエイよりもゆっくり吸収されるのが特徴。

ソイプロテイン

大豆からタンパク質を抽出した植物性のプロテイン。カゼインと同様に、ゆっくりと吸収される。

*1 タンパク質含有率=サプリメント全体の量に対して、タンパク質が何%含まれているか。WPCは、およそ65〜85%

プロテインを摂るメリット

プロテインを摂るメリットは、低コストかつ低カロリーでタンパク質を豊富に摂取できることです。カルシウムやビタミンなど、ほかの大事な栄養素も摂取できます。 

このように、プロテインにはさまざまな種類やメリットがあり、目的別に使い分けることで、より効果を発揮します。以下では、目的をダイエットと筋肥大の2つに分類します。

1日にどのくらいタンパク質を摂ると良い?

1日に必要なタンパク質量は、ダイエットのためなのか、筋肥大のためなのか、その目標によって異なります。

目的    

タンパク質摂取量の目安

目標タンパク質摂取量の例

ダイエット

体重1キログラムあたり、1日1.3グラム〜2グラム

体重60キログラム×1.3グラム=1日78グラム

筋肥大

体重1キログラムあたり、1日1.5グラム〜2.5グラム

体重70キログラム×1.5グラム=1日105グラム

このタンパク質量を摂取するには、下記の計算式で不足しているタンパク質量を割り出し、プロテインで補いましょう。 

「目標タンパク質摂取量ー現在摂取できているタンパク質量=不足しているタンパク質量」 

例えば、目標タンパク質量が105グラムで、現在1日に摂取しているタンパク質量が70グラムの場合「105グラムー70グラム=35グラム」となり、不足しているのは35グラムです。この分をプロテインで補います。

1日あたりの平均タンパク質摂取量

普段のタンパク質摂取量は、厚生労働省が発表している「令和元年 国民健康・栄養調査結果の概要」の、年齢・性別による平均タンパク質摂取量を参考にしましょう。

もちろん、日本人の平均的な食事をしている場合の数値なので、人によって差はあります。可能なら、食事ごとのタンパク質量を記録して計算してください。

男性の平均タンパク質摂取量

この調査によると、例えば30代男性は平均で1日あたり74.8グラムのタンパク質を摂取しています。

女性の平均タンパク質摂取量

ダイエット目的のタンパク質摂取量の例

体重60キログラムの40代女性がダイエットしたい場合を例にします。目標タンパク質摂取量は、1日78グラム(=体重60キログラム×1.3グラム)です。先述した厚生労働省の調査によると、40代女性は平均で1日あたり65.9グラムのタンパク質を摂取しています。 

これらの数字を先述した計算式に当てはめると、78グラムー65.9グラム=12.1グラムです。つまり12.1グラムが不足しているので、この分をダイエットにおすすめのWPIやソイプロテインで補いましょう。

筋肥大目的のタンパク質摂取量の例

体重70キログラムの30代男性がダイエットしたい場合を例にします。目標タンパク質摂取量は、1日105グラム(=体重70キログラム×1.5グラム)です。先述した厚生労働省の調査によると、30代男性は平均で1日あたり74.8グラムのタンパク質を摂取しています。 

これらの数字を先述した計算式に当てはめると、105グラムー74.8グラム=30.2グラムです。つまり30.2グラムが不足しているので、この分をWPC・WPI・WPHなどのプロテインで補います。

プロテインの選び方

続いてプロテインの選び方を、下記3つの目的別に解説します。

・ダイエット(引き締めながら美しく痩せたい)

・とにかく筋肥大したい

・バランス良く、筋肉量を増やしながら、脂肪を減らしたい

ダイエット(引き締めながら美しく痩せたい)

身体を引き締めながら美しく痩せる、ダイエットのためのプロテイン選びには、下記のようなポイントがあります。

・ゆっくり吸収されて、食事制限に役立つ

・ダイエットをサポートする成分が含まれる

・腸の活動をサポートする成分が含まれる

 例えば、ゆっくり吸収されるプロテインが食事制限に役立つため、ソイプロテインがおすすめです。 

また、運動による燃焼をサポートするL-カルニチンやガルニシアというダイエットをサポートする成分、食物繊維や乳酸菌のような腸の活動をサポートする成分が含まれているプロテインがおすすめです。

とにかく筋肥大したい

筋肉を大きくするには、タンパク質と糖質の両方が豊富に含まれているプロテインを選びましょう。

 筋トレでは、糖質が主なエネルギー源として使われます。糖質が不足すると、不足したエネルギーを作るために筋肉が分解されやすくなってしまうため、筋肉の分解を防ぐために、糖質が必要です。 

糖質の中でも吸収のいい「マルトデキストリン」が豊富に含まれているプロテインがおすすめです。 

また、糖質も大量に摂るため、筋肉と同時に脂肪もついてしまいます。しかし、最終的に脂肪を落としたい場合でも、筋肉を肥大させてから脂肪を落とす流れの方が、効率よくボディメイクできます。 

さらに、筋肥大のためのプロテインには、筋肉合成をサポートしてくれるアミノ酸の「ロイシン」が豊富に含まれる「ホエイプロテイン」がおすすめです。 

まとめると、筋肥大をするためには、マルトデキストリンが豊富に含まれたホエイプロテインを選びましょう。

バランス良く筋肉量を増やしながら、脂肪を減らしたい

筋肉量を増やしながら脂肪を減らしたい場合、低カロリーで高タンパク質の「WPI」がおすすめです。 

先述したとおり、糖質も同時に摂った方が早く筋肥大できます。しかし、初中級者なら低カロリーに抑えても、タンパク質をしっかり摂ってトレーニングを行えば十分に筋肥大が可能です。

効率的にたんぱく質を摂取したい人(たんぱく質含有量で選ぶ)

効率的にたんぱく質を摂取したい人はたんぱく質含有量が高いプロテイン(たんぱく質含有率80%以上)を選ぶのがおすすめです。 たんぱく質含有量が高い製品であれば、少ないプロテインで多くのたんぱく質を摂取でき効率的です。

プロテインの効果的な摂取タイミングは?

プロテインの効果的な摂取タイミングは、下記の3つです。

 ・寝起き

・トレーニング前〜後

・就寝前

寝起き

寝起きは、前日の食事からおよそ数時間か十数時間が経過しています。そのため、血中アミノ酸濃度が下がり、筋肉が分解されやすい状態です。 

血中アミノ酸濃度とは、血液中を流れるアミノ酸の濃度です。タンパク質は小腸でアミノ酸に分解されて、血液中に流れます。血中アミノ酸濃度が高いと筋肉が合成されやすくなり、血中アミノ酸濃度が低いと筋肉が分解されやすくなります。 

そこで寝起きは、吸収が速いホエイプロテインを飲んで、素早くタンパク質を補給しましょう。低下した血中アミノ酸濃度を高めることで、筋肉の分解を防ぎます。

トレーニング前〜後

結論からいうと、トレーニング30〜60分前からトレーニング中にかけて、ホエイプロテインを飲みましょう。追加でトレーニング後に飲むこともおすすめします。 

筋肉の分解と合成は、トレーニング直後から活発になり、特に材料になるアミノ酸が必要です。そして、プロテインを飲んでからアミノ酸に分解されて血中に流れるまで数十分かかります。トレーニングの30〜60分前から、トレーニング中にホエイプロテインを飲んで、トレーニング中の血中アミノ酸濃度を高めましょう。 

特に、筋肉の合成をサポートするアミノ酸の「ロイシン」が豊富に含まれる、ホエイプロテインがおすすめです。 

また、トレーニング後も分解と合成が活発な状態が続くため、トレーニング後に飲むこともおすすめです。

就寝前

就寝前もおすすめのタイミングです。筋肉は、特に成長ホルモンが多く分泌される睡眠中に成長すると考えられています。そのため、睡眠前にプロテインを飲んで、睡眠中の血中アミノ酸濃度を高めましょう。 

また、吸収の遅いカゼインやソイプロテインを就寝前に飲めば、睡眠中も長時間に渡って血中アミノ酸濃度を高められます。特にソイプロテインがおすすめです。

アルプロンはコスパで選ばれている

この記事では、高コスパのサプリメントブランド「ALPRON(アルプロン)」のプロテインを紹介します。 

ALPRONのプロテインがコスパ面で優れている理由は、以下のとおりです。

・自社で国内工場を有していることによりコストを抑えることが可能なこと。

・20年以上蓄積してきた経験とノウハウにより、高品質のプロテインを生産可能なこと。 

以上のことから、高品質で低価格=コスパに優れたプロテインをお客様に届けられるのです。

 実際、お客様からも下記のようなお声をいただいております。

このあと、種類・目的別に適したプロテインを紹介するので、ぜひ一度お試しください。

種類別でおすすめのプロテイン【ホエイプロテイン・カゼインプロテイン・ソイプロテイン・WPC・WPI・ジュニアプロテイン・ミルクプロテイン・ウェイトゲイナー】

続いて、種類別におすすめのプロテインを紹介します。

・ホエイプロテインのおすすめ

・WPIのおすすめ

・ソイプロテインのおすすめ

ホエイプロテインのおすすめ

ホエイプロテインのおすすめは【WEB限定】ALPRON WPC プロテイン (1kg 約30食)です。 

このプロテインは、もっとも一般的な「WPC」です。タンパク質だけでなく、腸の活動をサポートする成分である乳酸菌やマルチビタミンが含まれるのも嬉しいポイントです。プロテインの初心者の方、主に筋肥大を目的とする方のトレーニングのお供としておすすめします。 

味も、下記のように豊富な種類があります。

・チョコ

・ココアミルク

・イチゴミルク

・プレーン

・チョコバナナ

・チーズケーキ

・ミックスベリー

WPIのおすすめ

WPIのおすすめはALPRON WPI プロテイン (900g/3kg)です。1食約30グラムあたりのタンパク質量が約27グラムと、なんとタンパク質含有率は約90%! カロリーを抑えながら、タンパク質を多く摂取したい方におすすめです。ダイエット、筋肥大のどちらの目的に対してもおすすめです。

 また、保存料・増粘剤が使われていないのも嬉しいポイントです。 

味は、下記の3種類です。

・チョコレート

・ストロベリー

・プレーン

ソイプロテインのおすすめ

ソイプロテインのおすすめは【WEB限定】ALPRON ソイプロテイン (1kg 約30食)です。1食約30グラムあたり約25グラムと、タンパク質が豊富に含まれています。 

また、乳酸菌や10種のビタミンも含まれているため、ダイエット、就寝前の栄養補給、健康のためにおすすめのプロテインです。 

味も、下記のように豊富な種類があります。

・イチゴミルク

・ココアミルク

・プレーン

・ミルクティー

・黒蜜きな粉

・抹茶

目的別でおすすめのプロテイン

続いて、目的別におすすめのプロテインを紹介します。 

・初心者がはじめやすい

・ダイエットにおすすめ

・女性におすすめ

・運動をしない女性におすすめ

・お子様におすすめ

・筋トレにおすすめ

・トップアスリートにおすすめ

・味がおすすめ

・ドラッグストアで買える

初心者がはじめやすいプロテイン

初心者がはじめやすいプロテインはALPRON ミルクプロテイン (200ml×24本)です。パックのため粉を溶かす手間が発生しません。また、シェイカーの用意が不要で、持ち運びにも便利です。 

また、特徴としてホエイとカゼインプロテインから作られています。

カゼインは吸収がゆっくりで血中のアミノ酸濃度を維持できるというメリットがあり、吸収の速いホエイプロテインと吸収のゆっくりなカゼインを組み合わせることで体の中で時間をかけてタンパク質をじっくりと吸収させていくことが可能です。 

また、1本あたり20グラムと、手軽に多くのタンパク質を摂取できます。日常のちょっとした瞬間の栄養補給としておすすめです。 

味は、ココアとミルクティーの2種類があります。

ダイエットにおすすめのプロテイン

ダイエットにおすすめのプロテインは【WEB限定】ALPRON ウェイトダウンです。ダイエットのためのソイプロテインで、ダイエットをサポートしてくれるL-カルニチンやマルチビタミン、腸をサポートしてくれる乳酸菌が含まれています。 

栄養が豊富なことから、置き換えダイエットにもおすすめです。置き換えダイエットとは、食事の一部を置き換えて摂取カロリーを抑えるダイエット法のことです。3食のうち1食を置き換えたり、1食の主食を置き換えたりします。

 置き換えダイエットについて詳しくは、下記の記事をご覧ください。

こちらの記事へ内部リンク 

味は、レモンヨーグルトと白桃の2種類があります。

女性におすすめのプロテイン

女性におすすめのプロテインはIZMO ホエイ&ソイ プロテイン (300g 約15食)

こちらは、ホエイプロテインとソイプロテインを配合し運動後にも間食にも飲める女性向けプロテインです。 ホエイとソイが含まれたプロテインであるため、長い時間、血中アミノ酸濃度を高めたまま維持してくれます。 また、ダイエットをサポートするカルニチンとガルシニアが含まれています。砂糖、保存料、増粘剤、増粘剤は一切使用されていない点も安心です。 味はピーチ風味です。

運動をしない女性におすすめのプロテイン

運動をしない女性におすすめのプロテインがALPRON ソイプロテイン (900g)です。ホエイと比べて吸収がゆっくりなソイプロテインなので、とても腹持ちが良く、食事制限を助けてくれます。 

また、ソイプロテインならではの「イソフラボン」も含まれており、美容にもおすすめです。

 ソイプロテインのなかでも、「溶けやすい」と好評を頂いています。 

味は、下記の3種類があります。

・チョコレート

・ミックスベリー

・ミルクティー

お子様におすすめのジュニアプロテイン

お子様におすすめのジュニアプロテインはIZMO ENERGYプロテイン -ジュニア向け- (300g 約15食分)です。お子様の成長を助けるタンパク質やカルシウム、アミノ酸のアルギニンが含まれています。また、乳酸菌やYGFペプチドなど、成長期に補いたい栄養素も含まれています。

 また、砂糖・保存料・増粘剤・消泡剤を使っていないのも嬉しいポイントです。 

味はレモンヨーグルト風味です。

筋トレにおすすめのプロテイン

トレにおすすめのプロテインはIZMO ウエイトゲイナープロテイン (1kg約33食)です。1食分30グラムあたり、20グラムの糖質と8.9グラムのタンパク質が含まれています。 

ホエイプロテインと、吸収のいい糖質である「マルトデキストリン」が、筋肥大をサポートしてくれます。 

砂糖、保存料、増粘剤、増粘剤は一切使用されていない点も安心です。 

味はグレープフルーツ風味です。

トップアスリートにおすすめのプロテイン(アンチドーピング認証プログラム承認)

トップアスリートにおすすめのプロテインはIZMO O₂ WPC プロテイン (1kg 約50食)です。

 インフォームドチョイス*1 のアンチドーピング認証プログラムの承認を得ているため、ドーピングの基準が厳しいトップアスリートの方も、安心して飲むことができます。 

乳酸菌とマルチビタミンが含まれているホエイプロテインで、高品質な商品を求める一般の方にもおすすめです。 

砂糖、保存料、増粘剤、消泡剤は一切使用されていない点も安心です。 

味は3種類です。

・チョコレート

・ストロベリー

・カフェオレ

*1 インフォームドチョイスとはスポーツサプリメントのアンチ・ドーピング認証プログラムで、WADA(世界アンチドーピング機関)によって使用が禁止されている物質が製品中に混入していないかを、高度の分析技術と製造工場の監査によってチェックするシステムです。

おすすめの美味しいプロテイン

おすすめの美味しいプロテインはチップinプロテインです。ホエイプロテインにキャラメル・チョコ・イチゴなどのチップが入っているため、おやつ感覚で食感も楽しめます。

 とにかく美味しく始めたい人におすすめです。 

下記のような味があります。また、新商品も随時販売予定です。

・チーズケーキ風味 キャラメルチップ入り

・クッキー&クリーム風味 チョコチップ入り

・ショートケーキ風味 イチゴチップ入り

・イチゴミルク風味 イチゴチップ入り

ドラッグストアで買えるプロテイン

ALPRONの下記3種類のプロテインを中心にドラッグストアでも販売しています。

ALPRON WPC プロテイン (900g/3kg)

ALPRON ソイプロテイン (900g)

ALPRON WPI プロテイン (900g/3kg) 

販売しているのは、主に以下のドラッグストアです。

・ゼビオ

・トライアル

・イオン

・ウェルシア

・スギ薬局

・ツルハドラッグ

・サンドラッグ

・杏林堂

・カワチ薬局

・ドラッグイレブン

・ドン・キホーテ

ただし、各店舗によって入荷状況は異なります。

プロテインの売れ筋ランキング

最後にALPRONプロテインの売れ筋ランキングを紹介します。「たくさんあって選べない」という方は、売れ筋から選ぶのも1つの方法です。特にコスパに優れた【WEB限定】のプロテインが人気です。 

1位 【WEB限定】ALPRON WPC プロテイン (1kg 約30食)

2位   ALPRON WPC プロテイン

3位 【WEB限定】ALPRON ソイプロテイン (1kg 約30食)

4位   ALPRON WPI プロテイン (900g/3kg)

5位 【WEB限定】ALPRON ウェイトダウン

ALPRONのプロテインで、ボディメイクを成功させよう!

プロテインには、ホエイ・カゼイン・ソイがあり、ホエイはWPC・WPI・WPHに分かれます。1日に摂取したいタンパク質量は、ダイエットなら体重1キログラムあたり1日1.3グラム〜2グラム、筋肥大なら体重1キログラムあたり1日1.5グラム〜2.5グラムです。 

自分に必要なタンパク質量と不足している量を計算して、不足分をプロテインで補いましょう。そして、プロテインは目的によって選んでみてください。 

ALPRONは20年以上の老舗企業であること、自社の国内工場を有していることから、高品質・低価格、つまり、コスパに優れたプロテインをお客さまに届けています。 

ぜひ、この記事を参考に、ALPRONのプロテインをお試しください。きっとあなたの目的に適したプロテインが見つかるはずです。

一覧に戻る