• #プロテイン

プロテインが溶けない?溶けにくいときの対処法

プロテインが溶けない?溶けにくいときの対処法

「体づくりのためにプロテインを買ってみた!」というプロテイン初心者の方の中には、プロテインを作ること一つとっても、色々とわからないことがでてきます。
実際作ってみたけど、プロテインがうまく溶けない…というのもよくあることです。

今回は、粉末プロテインを上手に溶かし、飲みやすくする方法を紹介していきます。

目次

溶けやすい粉末プロテインは?

プロテインの溶けやすさは、プロテインの種類、ブランド、製造方法などによって異なります。どのようなプロテインが溶けやすいのでしょうか。

1.一番溶けやすいのは「ホエイプロテイン」

ホエイプロテインは、他の原料のプロテインに比べ溶けやすいプロテインです。
そのため、吸収も早く、筋肉の修復に役立ちます。

 

2.「カゼインプロテイン」「ソイプロテイン」はやや溶けにくい

カゼインプロテインやソイプロテインは、水分に溶けにくいという特徴があります。
しかし、実はその溶けにくさが、カゼインプロテインやソイプロテインの良い点を引き出してくれるのです。

水分に溶けにくいのは、固まりやすいという性質を持っているから。
この固まりやすさが、カゼインプロテインやソイプロテインの腹持ちの良さを実現させているのです。

3.製法にも注目して

飲みやすさを追求するなら、プロテインの製法にも注目してみましょう。
この場合、飲みやすさを優先させるのか、たんぱく質含有量を優先させるのかなどによって、選ぶプロテインが異なります。

自分に合ったプロテイン粉末を探してみることがポイントです。

4.購入する際の口コミも参考に

プロテインを購入する際は、検討しているプロテインの口コミを参考にしてみるのもよいでしょう。
プロテインの効果は口コミではわかりにくいものですが、味や溶けやすさは参考になります。

あらかじめ溶けやすいプロテイン・溶けにくいプロテインということが分かるだけでも、購入するかどうかの判断材料になるでしょう。

粉末プロテインが溶けにくい場合の対処法

粉末プロテインを上手に溶かすにはいくつかのポイントがあります。

1.シェイカーに飲料を入れてから粉を入れる

ほとんどの方が、シェイカーを使用してプロテインを飲んでいるのではないでしょうか。
混ぜる際の飲料とプロテイン粉末を入れる順番によっても溶けやすさが変わるのです。

しっかりプロテインを溶かすなら、①飲料→②粉末プロテインの順でシェイカーに入れるようにしましょう。

粉末プロテインを先に入れてしまうと、粉末の厚みで底のほうのプロテインが溶け切らずに残ってしまったり、ダマになってしまうことがよくあります。

飲料を先に入れれば、それを防ぐことができ、しっかりとプロテイン全体を溶かすことができるでしょう。

2.飲料の分量を増やす

プロテインが溶けにくくダマになりやすいのは、飲料の量が少ないことが原因かもしれません。
飲料を少し多めに入れることで、プロテインは溶けやすくなります。

ただ、飲料を増やすことによってお腹いっぱいになってしまう…ということも。
しっかり食事を食べられるようにするためにも、飲料の量を調整しギリギリ溶ける分量をみつけてみましょう。

3.シェイカーを変えてみる

プロテインを作るシェイカーには色々なタイプのものがあります。
一般的によく使われているシェイカーは容器だけの簡易的なものですが、その他にも電動でシェイクしてくれるものや、中にシェイカーボールが付属しているものなどがあります。

プロテイン自体は一般的なシェイカーで問題ないのですが、溶けにくいプロテインの場合はシェイカーを変えてみるというのも一つの手です。

4.ブレンダーを使用する

プロテインの商品の中には、溶けにくいものもあります。
シェイカーで良く振ってもダマになってしまう場合は、ブレンダー(ミキサー)を使用してみましょう。

ブレンダーを使用するメリットは、溶けやすさだけではありません。プロテインと一緒に野菜やフルーツなどを入れてお好みのスムージーを作ることができます。
ブレンダーを洗う手間はかかりますが、プロテインよりもおいしく、栄養価を増やしたドリンクを楽しむことができるでしょう。

5.飲料の温度を調整する

粉末プロテインは、飲料の温度によっても溶けやすさが変わります。
プロテインが溶けやすい温度は常温で、冷たすぎても熱すぎても溶けにくくなります。

トレーニング後は冷たい飲み物でグッとプロテインを飲みたい気持ちもわかりますが、溶けにくいプロテインの場合は常温の飲み物で溶かすようにしましょう。

まとめ

プロテイン初心者の方にとって、飲みやすさは重要です。
ドロドロとした溶けにくいものよりも、さらっと飲めるプロテインなら、普段の飲料として飲みやすく継続しやすくなります。

プロテイン摂取はもちろん、体づくりは継続して行わなければ効果は現れません。
プロテイン初心者の人は、まずは栄養価よりも飲みやすく続けやすいという点を重視して選んでみましょう!

ブログへ戻る