• #プロテイン

【プロテインバーの選び方】太る?ダイエットにも向いている?メリット・デメリット・活用方法も紹介

【プロテインバーの選び方】太る?ダイエットにも向いている?メリット・デメリット・活用方法も紹介

監修者:日本プロテイン協会理事/プロテインマイスター 坂本雅俊

プロテインを始めとするスポーツニュートリション商品製造販売会社アルプロン代表取締役社長。2001年の創業以来、人々の健康と活力にあふれた毎日をサポート。2030年頃に起こるとされる世界的課題『タンパク質危機』に挑む。著作「“出世”したければ週2回筋トレすればいい」詳しいプロフィールはこちら⇒ https://alpron.co.jp/about/#message

 

健康志向の高まりにより、「プロテイン」商品を様々な場所で目にするようになりました。特に「プロテインバー」は簡単に購入でき、手軽にたんぱく質を補給できるということで、商品数も増加しています。

 

今回はプロテインバーのメリットや選び方など、プロテインバーを最大限活用する方法を紹介します。

 

目次

プロテインバーとは

プロテインバーは、たんぱく質を補給するための栄養補助食品です。固形のスナック状になったプロテインバーは、スポーツ時や、ボディメイクのための栄養補給に使われます。また、健康的な食事として食べたり、忙しい時間の捕食として、日常でも活用することができます。

 

プロテインバーは一般的に植物性のたんぱく質を使用し、チョコレート、ナッツ、フルーツ、オーツ麦などを混ぜ合わせたものが中心です。多くのフレーバーやバリエーションが存在し、手軽にプロテインを摂取することができます。

 

プロテインバーのメリット

プロテインバーにはどのようなメリットがあるのでしょうか。ここではプロテインバーのメリットを説明します。

 

お菓子感覚で食べられる

プロテインバーの最大のメリットは、お菓子感覚で食べられるという点です。ボディメイク中は、食事量を少なくしたり、間食を控えることがほとんどです。そんな時でもプロテインバーであれば、お菓子感覚で食べることができるうえ、ボディメイクに欠かせないたんぱく質もしっかり補給することができます。

 

食事制限や甘いもの制限のストレスから解放してくれる、心強い味方になってくれるのです。

 

ダイエットに活用できる

プロテインバーは、ダイエット中でも活用できます。プロテインバーの主なたんぱく質は、大豆などの植物性プロテインです。食物繊維が多く、腹持ちが良いため、食事量を抑えるのに効果的です。

 

ダイエット時の食事制限によるたんぱく質摂取量減少を防ぐのにも役立ち、筋肉を減らすことなく体重を落とす手助けをしてくれます。

 

筋肉の合成と分解防止

たんぱく質は筋肉の元となる栄養素です。運動と組み合わせて、たんぱく質を補給することにより、筋肉を合成させ筋肉量を増やすことができます。また、たんぱく質をしっかり摂取しておくことで、エネルギー不足時などの筋肉分解を防ぎ、体づくりに役立ちます。

 

手軽に摂取できる

プロテインバーは携帯性が高く、持ち運びが簡単で、忙しいスケジュールの中で栄養補給をするのに効果的です。

 

パウダータイプのプロテインのように、水分がなくても摂取できますし、作る手間や摂取後の片づけも必要ありません。

いつでもどこでも、すぐに摂取できるというのもプロテインバーの魅力です。

 

プロテインバーのデメリット

一方、プロテインバーにはどのようなデメリットがあるのでしょうか。

 

たんぱく質摂取量が少なめ

1本当たりの値段をもとに換算すると、パウダータイプのプロテインや、サラダチキンなどのたんぱく質を多く含む食品に比べ、たんぱく質量が少なめであることが多いです。

 

プロテインバーはあくまでもメインの食事としてではなく、メインにプラスしたり、間食として食べる目的で活用するとでしょう。

 

カロリーが高め

お菓子感覚で食べられるというメリットがある一方、甘さがあるのでどうしてもカロリーが高めになってしまいます。

 

たんぱく質を摂取したいという目的であればいいのですが、ダイエット中にプロテインバーを食べる際は、カロリーや糖質もしっかりチェックする必要があります。

 

プロテインバーにはカロリーや糖質が少なめのタイプもあるので、ダイエット目的の場合は、そのような低カロリー・低糖質タイプのプロテインバーを選びましょう。

 

粉タイプのプロテインとプロテインバーの違い

プロテインといえば、オーソドックスなのがパウダータイプです。

プロテインパウダーとプロテインバーにはどのような違いがあるのでしょうか。



1.使用されているプロテインの違い

プロテインパウダーの場合、「ホエイプロテイン」「カゼインプロテイン」「ソイプロテイン」など、使用されているプロテインの原材料別で販売されていることがほとんどです。

 

そのため、自分の好みや目的に合ったプロテインの種類を選ぶことができます。

 

一方、プロテインバーの場合、ソイプロテインを中心にホエイなどを組み合わせて作られており、どの種類を摂取するかを選ぶことができません。



2.食べるのか、飲むのか

プロテインパウダーは水分を必要とする一方、プロテインバーは水分がなくても摂取することができます。

これは、プロテインパウダーは飲むもの、プロテインバーは食べるものという違いを生み出します。

 

飲む場合、咀嚼を必要としないため素早く摂取でき、消化吸収が早いというメリットがありますが、水分がないと作ることができません。

 

食べる場合は、咀嚼による満腹中枢の刺激により、食事量の抑制にもつながるというメリットがある一方で、パウダータイプに比べると摂取に時間がかかるというデメリットもあります。

 

摂取タイミングや環境によって、使い分けることがポイントです。



3.摂取量の調整

プロテインパウダーは、プロテイン摂取量を自分でカスタマイズできるため、目的に合わせて細かい調整が可能です。

 

一方、プロテインバーは1本当たりの摂取量が決まっているため、細かい調整が難しく、本数単位で調整する必要があります。



4.継続のポイントである味とコスパ

プロテインパウダーはある程度の量をまとめて購入するのがほとんどです。そのため、味の変化が乏しく、味に飽きてしまう場合があります。

 

一方、プロテインバーは1回ごとに違うプロテインバーを選ぶことができ、その時の気分によって味や食感を変えることができます。

 

ただし、1回あたりのコスパで考えると、パウダータイプのほうがお得なのは間違いありません。

 

効果的なプロテインバーの食べ方

プロテインバーが最も効果的なのは、食事が摂れないときの間食として活用することです。

 

食事の時間が空きすぎて、栄養補給ができないと、筋肉は分解されてエネルギーとして使われてしまいます。

手軽に摂取できるプロテインバーであれば、手軽に食べることができるだけでなく、しっかりとたんぱく質を補給することができるのです。

 

また、運動後のたんぱく質が必要なタイミングで摂取するのも効果的です。プロテインパウダーが用意できない場合などに、手軽に持ち運べるプロテインバーは便利です。

 

「プロテインバーを食べ続けると太る」は本当?

「プロテインバーを食べ続けると太る」といわれるのは、本当でしょうか。

結論から言えば、本当です。

 

どんなものでも、食べることによって、摂取カロリーが増えることにつながります。いくら健康的な栄養補助食品で、低カロリーだとしても、食べ方や運動などとの組み合わせを考えないと、太る原因の一つになるので注意しましょう。

 

プロテインバーの選び方

ここでは、プロテインバーの選ぶ際のポイントに関してアドバイスしていきます。

 

カロリー、糖質や脂質の量に注意

先ほど紹介したように、プロテインバーはプロテインパウダーに比べ、お菓子感覚で食べられるように糖質やカロリーが多めになっている商品があります。

 

ダイエット目的で摂取する場合には注意しましょう。

 

価格の安さ・コスパは要チェック  

プロテインバーもプロテインパウダー同様、続けて摂取することが重要です。そのためには、コスパの良い商品を選ぶことが必要になってきます。

 

プロテインバーの場合、1本当たりのたんぱく質含有量が一目でわかるように表記されています。できるだけたんぱく質含有量が多く、価格が安いものを選ぶとよいでしょう。

 

タンパク質以外の栄養素もチェック

プロテインバーには、たんぱく質のほかにも栄養素が追加配合されているものもあります。

プロテインバーを摂取する目的に合わせて、配合されている栄養素をチェックしてみましょう。

 

プロテインバーはどこで買える?

最近では、様々な場所でプロテインバーが販売されており、入手しやすくなっています。ここでは購入する機会の多い購入場所を紹介します。

 

Amazon

プロテインバーをまとめ買いするなら、やはりネットで購入するのがベストです。箱買いをしても配送してくれるので、重い荷物を運ぶ必要がなく、楽ちんです。

Amazonのセールのタイミングで購入すれば、値段も安くなりお得です。

 

コンビニ

すぐに購入したいのであれば、コンビニを探しましょう。今ではほとんどのコンビニで様々なプロテインバーが販売されています。

 

定価で販売されており、コスパ面ではやや高くなってしまいますが、欲しい時、必ず手に入れることができるでしょう。

 

ドラッグストア

ドラッグストアもプロテインバーを購入するのにおすすめです。

セール商品として安く売っている場合もあるので、ドラッグストアに立ち寄ったらチェックしてみましょう。

 

プロテインバーは手作りできる!

実は、プロテインバーは自分でも手作りすることができます。

ここでは、プロテインバーの作り方と、おすすめのプロテインを紹介します。

 

おすすめのプロテインバー手作りレシピ

今回は、プロテインのほかに、食物繊維を多く含みダイエットにも効果が高い「オートミール」を使ったプロテインバーの作り方を紹介します。

 

【材料】

プロテイン     20g
ココアパウダー   10g
オートミール    50g

バナナ(お好みで) 60g

ドライフルーツ(お好みで) 30g

バター       50g
牛乳        10g

 

【手順】

1.バナナをつぶし、プロテイン、ココアパウダー、オートミールと混ぜる

2.バターを湯煎で溶かし、混ぜる。※ドライフルーツを細かく刻んで入れてもおいしくなります。

3.牛乳を入れながら硬さを調整する。

4.厚さ1.5~2cmくらいに形を整え、冷蔵庫で30分ほど冷やす。

5適当な大きさに切り、クッキングシートに並べ、180℃に予熱したオーブンで15分程度焼く。

 

手作りプロテインバーにおすすめのプロテイン

プロテインバーを手作りするなら、このプロテインがおすすめです。

 

ALPRON WPC プロテイン

WPCプロテインは、牛乳から作られるホエイプロテインです。

 

フレーバーには、プロテインバーにおすすめのチョコ味のほか、ココアミルク、イチゴミルク、チョコバナナなど様々あるので、自分好みのプロテインバー作りにおすすめです。

 

ALPRON ソイプロテイン

ALPRONソイプロテインは、大豆から作られるソイプロテインです。

 

ココアミルク味のほか、ミルクティー、黒蜜きな粉、抹茶など、和風テイストのプロテインバーも作ることができます。

 

IZMO 完全栄養の素

IZMO完全栄養の素は、たんぱく質だけでなく、1日に必要な栄養素がすべて含まれている完全栄養食です。

 

特にプレーン味は、耐熱性プロテインを使用しており普段の食事やスープなどの温かい食べ物にもしっかり溶けるので、手作りプロテインバーに活用することができます。

 

プロテインバーに関するよくある質問

最後に、プロテインバーに関する疑問に回答していきます。

 

プロテインバーはダイエットにおすすめ?

プロテインバーはダイエットに活用することができます。

しかし、食べれば痩せることができるというわけではありません。

 

間食を防ぐのに役立ったり、不足しがちなたんぱく質を補給できるという面で、ダイエットに効果があるのです。

食事や運動とのバランスを取りながら、うまくプロテインバーを活用しましょう。

 

プロテインバーは体に悪い?

プロテインバーは、主にたんぱく質ですので、体に悪影響があるものではありません。とはいえ、栄養摂取のバランスが崩れてしまえば、体に悪影響を及ぼすことも考えられます。

 

普段の食事バランスを整えたうえで、不足したたんぱく質補給にプロテインバーを活用してください。

 

プロテインバーと粉タイプのプロテインはどっちがおすすめ?

プロテインバーと粉タイプのプロテインの違いは、先述の通りで、どちらもメリット・デメリットがあります。

 

活用するタイミングや、好みによって使い分けるようにしましょう。

 

プロテインバーを上手に活用しよう

プロテインバーには、今回紹介したように様々な優れた点があります。プロテインバーのメリットをうまく活用することで、体づくりを効率よく進めることができます。

 

間食の誘惑に負けそうになった時、忙しくて食事をとる時間が取れないときなど、食べるのを我慢するよりもプロテインバーを食べて、体を良い状態に保ちましょう。

 

ブログへ戻る